GUYANA: Puppy sterft aan hondsdolheid 

1

Een geval van hondsdolheid werd bevestigd door het Pasteur-instituut in Parijs op een puppy van 6 maanden oud, woonachtig in de buitenwijken van Cayenne. Het dier, dat nog niet tegen deze ziekte was ingeënt, stierf in de nacht van 30 op 31 augustus. De diensten van het directoraat Voedsel-, Land- en Bosbouw (DAAF) hebben een onderzoek geopend.

het laden

over de auteur

1 reactie

  1. Stella 30 november 2016 om 21:34 uur Répondre

    㣻£¿Ã£ÂÂªÃ£ÂÂ•Ã£Â‚“の的確なアドバイスで、すでに結論は出されているかと思いますが・・・。近所に同じ年をもつママ友がいて、子供が幼稚園に入る前から仲良くさせてもらっていました。が、徐々に距離を置かれ始め・・チ。何が悪かったんだろう?何が気に障ったんだろÁ†ï¼Ÿï¼Ÿï¼Ÿæ€ã„当たることがないわけでもないけど・・・。と日々モンモンとしていたら、クヨクヨしないことくらいしか長所がないような私が円形脱毛症になってしまいました(笑)私なりの地道な努力と、相手の寛大な心により、5年かけてやっと関係が修復できました。(結局あの頃の原因はお蔵入りですが。)MIZU2さんも、お子さんが同じ年のようですし、もし幼稚園、小学校、中学校と同じトコロに通うようでしたら、完全に関係をたつことも出来ないと思いますので、そのお友達に、それとなく「こういうところがちょっと苦手なんだ」って伝えられるといいかな、とも思いました。多分そのお友達はMIZU2さんのことを一番のお友達と思っていて(8あたりがそうかな?と。)、私のことを何でもわかってくれている!と思Á£ã¦ã®è¡Œå‹•ã‹ã‚‚しれませんし・・・。(それが「何でもしてもいい!何をしても許してくれる!」という、いけない方向にいってしまったのは残念ですが。)それにしてもこのお友達はちょっと行き過ぎですよね。1つの意見としてちょっと頭の隅に置いておいてもらえれば幸いです。

Plaats een nieuwe reactie